宇宙手帳

広く日常。

園芸

チランジア近況

ストレプトフィラ春から夏にかけて、チランジアたち(の全部じゃないけど)は、大きく成長しました。が、中には枯れたり腐ったりしたものもありました。 水をやりすぎたら腐るし、水を控えてると枯れてくる子もいるし……。 チランジア栽培は難しいなあと毎年思…

セレリアナさん

ごく一部です。暑すぎるので、最近は日中エアコンとサーキュレータをつけてる2階のチラ部屋。 残りの面々は1階のリビングに置いてます。 リビングには文鳥がいるので、常時エアコンがついていて快適な温度になっています。 が、リビングのチラ置き場は日照が…

生命力

植物たちは概ねみんな元気です。 サーキュレーターで24時間、風を送っているせいか、蒸し暑い中でも調子よさそうです。 カプトメデューサ(小さめ)うちで唯一着生に成功しているカプトメデューサ。 根っこいっぱい出たけど、花は咲いてない。着生させると花が…

植物たちの夏

カプトメデューサ(大)開花この前は中くらいのサイズのカプトメデューサが開花しましたが、今度は大きい子が花をつけました。 今回は、花序があまり伸びない状態のまま、モサッと咲き始めました。 うちには大きいカプトメデューサは2株あって、もう1つの方は1…

メデューサの頭に花が咲きました。

チランジア・カプトメデューサ母がホムセンで買ったカプトメデューサに、お花が咲きました。買ってきたのは2、3年前かなあ。 買ってきたのは母でしたが、わたしが実家に帰ってからは、世話をしているのは専らわたしです。そんなズボラな母ですが、花が咲くと…

ブロメリアとチランジア

ネオレゲリアうちの植物の中で唯一のブロメリア、ネオレゲリア。 (画面左下にフワフワした髪の毛のようなものが写ってますが、これは髪の毛でもカツラでもなく、チランジア・マグヌシアーナですww) 買った時に、ごく小さな子株が出ていましたが、冬が終わっ…

在宅でお花見

チランジア・レオナミアナに花が咲きました。レオナミアナの花鮮やかなピンクの花序に薄紫の花。 白っぽい葉の色も相俟って、調和がとれていて美しいです。花序がだいぶ長いです。全体像はこんな感じ。3枚目の写真だけキヤノンのPowerShot G11で撮って、上の…

春先チランジア

2019年12月25日去年の年末近くに、レオナミアナ(左)と、ストリクタ・ハードリーフ(右)を買ってきました。 で、そのレオナミアナが、今はこんな感じです。お花が咲きかけてます! テクトラム去年の5月だったかなー? とっとり花回廊で買ってきたテクトラムの…

チランジアとブロメリア近況

冬なので、あまり著しい生長はしてませんが、みんな元気です。 上の写真はストレプトフィラ。この写真で見ると、大型種のキセログラフィカみたいにも見えますが、ストレプトフィラはだいぶ小さいです。 乾燥すると葉がくるくるしてきますが、元気に根っこを…

チランジアたち

とっとり花回廊で買ってきた小ぶりなテクトラム。昨日見たら子株が出ていました。見えるかなー?ふわっふわの毛が特徴の品種。 テクトラムとは「屋根」という意味だそうで、原産地である中南米では家の屋根の上にこれが着生することが多いのだそうです。かわ…

ネオレゲリアを買いました。

新入り植物。1ヶ月以上前ですが、ホームセンターの園芸売り場にて、あまり見たことがない植物を見かけました。それが上の写真の植物なのですが、売ってた時は、ガラスの器にハイドロボールが入っていて、ハイドロカルチャー状態で売られていました。 「これ…

ユーフォルビアと希少チランジア

孔雀飛翔……とはまだ言えないか。孔雀丸のくーちゃん。1ヶ月に1回くらいしか水やりをしてなかったのですが、やっぱり夏はもう少しやった方が喜ぶみたいですね。 もう夏も終わりましたけども。 引っ越してきた時に葉が全部ぐったりしていたのを見た時は、もう…

主に園芸的な【近況】

くーちゃん(孔雀丸)岡山から松江に引っ越しました。やっと工事をしてもらってインターネットが開通しました。 ネットのない生活を10日間もしたのは、わたしのネット歴始まって以来じゃないかと思います。 部屋を引き払った後、植物全員を連れて高速バスでの…

くーちゃんの成長

ユーフォルビア・フラナガニー(孔雀丸)↑↑ は、買ってきた時の写真です。(2018年11月3日)↓↓ が、今日のくーちゃん。ユーフォルビア・フラナガニー(孔雀丸) 現在伸びたし増えたし太くなった。 水分が不足してくると、葉(枝?いまだにわからない)が広がって垂れ…

新入りの大物チーさん

Tillandsia straminea昨日、用もないのに花屋さんの前を通ったら、この子がいるのを見つけてしまって。 うわぁうわぁデカイ!! 大物チランジアがいるー!!! カッコいいいい!!! ってなって、目をキラキラさせながら値段を見たら2700円。高いのか安いの…

ザッツ園芸

カプトメデューサ(大)の親子2か月超ぶりの園芸記事。チランジアたちはみんな元気です。イオナンタ・フエゴの双子去年の秋くらいから真っ赤に色づいていたイオナンタ・フエゴは、花が咲かないまま緑色に戻ってしまいました。小さな小さな子株を吹いていたのに…

春のチランジア(大)たち

今朝のチラ棚チランジアたちのために買った、アイリスオーヤマの棚。中段に花京院がいますが、気にしないでください。 いろいろ雑なわたしですが、フィギュアの扱いも雑です。 この棚の上にいるチーさんは全体の半分くらいで、あとの半分は南側の窓のところ…

植物を育てるのが上手い人下手な人

去年の夏、チランジアをほぼ全滅させてしまいました。住んでいる地域が水害に遭うなどして、不穏な感じで迎えた梅雨明けの後。 急に気温が上がった中、東のベランダに出しておいたチランジアに気を配ることなく数日が過ぎて、気が付いた時には手遅れだった。…

チランジア・スカポーサに花が咲きました。

これは昨日の様子。スカポーサは、イオナンタによく似た品種で、葉が同一方向にカールするのが特徴。 「イオナンタ・コルビー」という名前で売られていることもあるようです。イオナンタに近い品種であることは事実らしく、イオナンタと同じように、花序が立…

チーさんの子株たち

カプトメデューサ(大)親の葉にくるまれて大きくなった子株が、顔を出してきました。 コロコロとよく太っています。 ベルゲリベルゲリは、買った時から子株が出ていましたが、なかなか大きくならず。 最近やっと少し大きくなってきたかなと思える程度です。子…

孔雀丸近況

ユーフォルビア 孔雀丸くーちゃんと呼んでいる孔雀丸さん。 学名は、ユーフォルビア・フラナガニーといいます。買った時についていた名札も含めてかわいいので、名札をつけたまんまにしています。 ユーフォルビアを育てるのは初めてなので、わからないことば…

年末のチーさん

去年、つぼみが付いた状態で買ってきて、うちできれいな花を咲かせてくれた、巨大カプトメデューサさん。去年8月の頃の写真。花が咲いた後、子株が出るかなーと楽しみにしていたのですが、何ヶ月待っても子株が出る様子がありませんでした。 そんなある日、…

新入りチーさん

あけましておめでとうございます。無事、地球がまた太陽の周りを一周しました。 次に一周回るまでの間、どんなことが起こるのか、楽しみにしながら過ごしましょう。 ゆく年くる年チランジア 年末年始は実家に帰りました。その間、母をチランジア(エアプラン…

チーさんたちの年末

Tillandsia ionantha 'Fuego'うちに来てすぐ、葉が赤くなり始めた、イオナンタ・フエゴ。お花が咲くのかしら!とも思ったけど、たぶん、お店よりうちの方が寒いし日光も当たるから、単なる紅葉なんだろうなーと思っています。それにしても鮮やかな赤で、目を…

キセログラフィカ

T. xerographica大物をお迎えしました。手前の、白っぽくて大きい株。キセログラフィカといいます。 これやウスネオイデスは、おしゃれな花屋さんによく置いてあったりしますね。長いこと地下の花屋にいた子なので、窓際に置いて、曇りのやわらかい日光と風…

窓辺の植物たち(一部文具ネタ)

紅葉かな? 先日仲間入りした、イオナンタ・フエゴ(ネットで調べてほぼフエゴと断定したので)が、ジョジョに赤くなってきました。 花が咲く前にも、真っ赤になる品種らしいです。フエゴとは炎の意味だそうです。 流木に固定しているカプトメデューサの発根も…

今日の園芸

また! 植物をお迎えしてしまいました!しかも2つも……!! 反省しつつご紹介します。 その1:ロングさん ひとつは、おなじみチランジア。イオナンタという、とてもポピュラーながら奥が深い、人気の品種です。 イオナンタはすでに2株所有しているんですが、…

チーさん救出劇

昨晩、とんでもない失敗をしてしまいました。窓ガラスを開けて、いつもは開けない網戸まで一時的に開けました。 そしたら、窓辺に置いていたチーさん(チランジア)のひとつが、わたしの腕か何かに当たったようで、「ボトッ」という音が下から聞こえました。 …

チーさんたちの近況

チランジアさんたちは生長が遅いので、あまり変化はありません。 先週、フンキアナという品種を買ってきました。わたしにとっては初めての品種です。有茎種なので丈夫なはず……という安易な考え方。 かわいい子株が出ていたので即買いしちゃいました。 地下街…

チランジア・カプトメデューサ着生に挑戦中

流木に麻ひもでくくりつけてましたが、安定感がイマイチだったので、流木に穴をあけて、ワイヤーで固定してみました。