宇宙手帳

広く日常。

ハイな梅

f:id:oolongchai1211:20210227133759j:plain
梅林

ここのところ数日おきに梅林に行っている気がします。

最近暖かかったので、だいぶ咲きました。

f:id:oolongchai1211:20210227133949j:plain

f:id:oolongchai1211:20210227134022j:plain

f:id:oolongchai1211:20210227134101j:plain

いつもはハイキー写真はめったに撮らないけど、なぜかこの日はちょっとハイだった。
気分が、ではなくて、キーが。

たまには気分転換もいいかも。

f:id:oolongchai1211:20210227134254j:plain

椿も撮った。

この椿もちょっとハイキーです。わたしにしては。

f:id:oolongchai1211:20210227134319j:plain

X20は露出補正が±2までしかなく、そこがちょっと不満なこともあります。
マニュアル露出で撮ればいいんだろうけど、それはめんどくさいという……。
モノグサですみません。

±3までいけるXQ1は手放してしまったんだから、文句を言う筋合いはないのだった。

f:id:oolongchai1211:20210227134559j:plain

オマケ

これは梅林ではない別の場所で撮影したものですが。

↓↓下の写真。
一瞬、「木から蛇がぶらさがってる!」と思って戦慄してしまったけど、よく見たら蛇じゃなかった……という写真です。


蛇じゃないので安心してご覧ください。

f:id:oolongchai1211:20210227134814j:plain

でも一瞬ビクッとしちゃいますよねー。

侘助

f:id:oolongchai1211:20210213133116j:plain

2つくらい前の記事で、「ラッパ咲きで小ぶりな椿が好き」という趣旨のことを書きましたが、そういう椿を「侘助」とか「侘助椿」とかいうそうです。

……知らなかった!
すみません、もの知らずで。
SNSで偶然知ったのです。SNSありがたい。


名前が分かると名前で画像検索できるので、早速「侘助」の画像をたくさん眺めることができました。うれしい。


そんなわけで、侘助っぽい椿をまた撮ってきました。
今回使用のカメラは、FUJIFILM X20。PowerShotよりこっちの方が使いやすい気がしてきた昨今。

f:id:oolongchai1211:20210213133231j:plain

f:id:oolongchai1211:20210213133500j:plain

f:id:oolongchai1211:20210213133515j:plain

f:id:oolongchai1211:20210213133527j:plain

果たしてこれらは本当に「侘助」と呼んでいいものだろうか……?
と思いつつ撮ってました。
普通の椿との線引きが微妙みたいです。


もっと花が小さい品種もありますよね。また探し歩いてみます。
それもまた楽しみ。

オマケ。

以下は椿でも山茶花でもなく、お茶の花です。
花弁が小さいので、見栄えはしないのかもしれませんが、とてもかわいいです。

f:id:oolongchai1211:20210213133752j:plain

f:id:oolongchai1211:20210213133806j:plain

f:id:oolongchai1211:20210213133818j:plain

お茶の花は、松江歴史館で咲いていたものです。カメラは同じくX20。