宇宙手帳

文具とか園芸とか。広く日常。

手帳と万年筆

f:id:oolongchai1211:20181226210011j:plain
インク見本的な感じで。

宇宙インクも増えたし、宇宙マステも追加したので、宇宙手帳がますます充実してきました。


こんな手帳(というか中身は日記的なものです)を書くのに、よく合う万年筆のひとつがこれ。

f:id:oolongchai1211:20181226210129j:plain
美星銀河
岡山のうさぎやオリジナル万年筆『美星銀河』。

f:id:oolongchai1211:20181226210334j:plain
21金のペン先。
開封の儀的な写真を撮っていなかったので、使用中の写真です。ペン先にインクとかついててスミマセン。


宇宙をモチーフにした万年筆は、いろんなメーカーや文具店から結構出ていて、どれも美しくて心惹かれてしまうので困ります。
宇宙万年筆は、ラメなどキラキラしていて美しいせいか、どれもお値段が高めな気が……で、プアマンにとっては、いくら宇宙が好きでも、気軽にコレクションするというワケにもいかない困った存在なのです。


それでも美星銀河は買おう、と思った理由のひとつは、この万年筆がただ単にキラキラきらめいているだけではなく、なんか宇宙の暗黒面も表現されてる気がしたからです。


全体のベースになっている空の色は、結構暗い色です。こころもち紫がかった深い青。
金属のトリム部分はシルバー色で、地味といえば地味です。「銀河だから銀にしました」っていうだけの話なのかもしれませんが。


キラキラのラメが入っているのは、キャップと首軸だけ。

f:id:oolongchai1211:20181226210226j:plain
マクロ撮影難しい……この万年筆の美しさが伝わるでしょうか。
胴軸と尾栓は、深い青紫色の暗黒空間のようです。黒に近いくらい。
よくよく見ると、微粒子レベルのラメが入っているようにも見えるのですが、目が悪いので自信がありません。


わたしは宇宙の暗黒面や、解き明かされる予感が全然しない暗黒の謎が広がってるところに、強く魅力を感じています。
宇宙の謎は、人類には絶対に解明できないと思うし、簡単に解明されてほしくないと思ってます。

なので、宇宙のかなたに暗黒の謎が横たわっていることを思い出させてくれるような、この万年筆のデザインが最高に好きです。

f:id:oolongchai1211:20181226210442j:plain
天冠。

字幅は、中字です。

いろんな字幅を使ってみましたが、わたしは持ち方に癖があるらしく、太字だとインクが紙に乗らないことがあるので、中字以下を中心に所有しています。
個人的に、日記には中字が書きやすいです。紙との摩擦抵抗が少なく、長時間長文を書いても疲れません。


入れているインクは、当然の如く、万年筆と同じうさぎやオリジナルの『美星の夜空』です。
これも少し紫系。


美星町に行ったことがないことだけが残念です。