茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

だまらっしゃい進捗とお詫び

春あたりから大阪・東京の一部イベントにてゲリラ配布していた『だまらっしゃい準備号』ですが、配布した後からいろいろと変更したい点が出てきてしまいました。
結果的に本番『だまらっしゃい』は、告知した内容とは全然違う本になりそうです。5月3日東京のスパコミ以降は訂正文を入れて配ってるんですが、ここでまとめて説明します。

まずもって劉備関羽張飛趙雲も登場しないということが決定いたしました(いきなりとんでもねー)。まずここでお詫び。ごめんなさい。
じゃあ誰が出てくるのかというと、水鏡先生とかあのあたりです。かろうじて孔明はいるんですが、誰やねんみたいな孔明です…。完全に誰得本ですねすみません。

それから、小説を書いたと言っておりましたが、その小説を掲載するのをやめました。
そのかわり、小説で書いた話を漫画で描き直して、2冊目の本にすることにしました。小説がお好きな方には申し訳ありません。ここ数日、小説から漫画への変換作業をやっております。
完成してる小説をそのまんま載せた方がラクに決まっているし、その道の人から「この辺の話は小説の方がいいかも」と言われたのも気にかかってはいたのですが、やっぱり漫画で描きたいという作者の勝手な思いの方が勝ってしまい、変換に踏み切りました。

漫画にするにあたって、小説からごっそり削った部分も多く、逆に小説になかった部分を加えたりもしています。文字での説明に頼れないぶん表現しきれない面もありつつ、やっぱり漫画はいいなーと実感したというのが本音。
漫画は漫画にできることだけやってればよろしい、で、わたしは漫画だけ描いてればよろしい。というようなひとつの結論が出たことで、少し気が楽にもなったし、今後の方向性もやや固定したかなと思います。
…といいつつ、また変更変更を繰り返していくのだろうなーという気も相変わらずするんですが、生温かい目で見守りつつ、気長にお付き合いいただければと思っています。

だまらっしゃい(という本)は、8月に発行予定。内容は水鏡付近。
小説を漫画化した作品を掲載する予定の2冊目は、冬コミあたりに発行予定。本のタイトルをだまらっしゃいにするかどうかはもう少し考えさせてください…というか2冊目もだまらしゃいだったらもうそれ以降それで続けるしかない流れになりそうで…。