読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

怪奇・顔が変わる人形

↓「続きを読む」をクリックすると開くページに、人形の恐怖写真を複数掲載しています。


人形や怖い画像が苦手な方は、くれぐれも「続きを読む」をクリックしてしまわないようご注意ください。




……よろしいですか。始めますよ。



怖くて眠れなくなってもわたしは責任とれませんので、戻るなら今のうちですよ。




わたしが買っ……おっと、お迎えした人形は、某というメーカー(実際2ch界隈では某って呼ばれてる)のお子様ドールです。
女の子です。4~5歳くらいなのかな。


初めての球体関節人形です。


f:id:oolongchai1211:20150812212945j:plain


もともとはサイボーグ009コラボ商品で、この子は003ってことになってた。
だから、ヅラ……おっと、ウィッグも金髪が付属してた。
けど、顔は和風だし、全体的に和風にしたいなー、とお迎えする前から考えていたので、黒髪ボブウィッグを装着したりレトロなドレスなど着せてみた。


f:id:oolongchai1211:20150812212417j:plain


f:id:oolongchai1211:20150812212459j:plain

なんだかとても初々しい感じ。


サイボーグ衣装はいまだに開封すらしてません。
もうこの和風ウィッグとレトロ衣装固定でいいじゃないですか。


f:id:oolongchai1211:20150812212519j:plain


と思ったのですが、一応サイボーグウィッグとも合わせてみようと思い、ウィッグだけ替えてみたのがこちら。


f:id:oolongchai1211:20150812212539j:plain


あれー、なんか表情が違って見えますね。
やはりサイボーグウィッグをかぶると、正義感が目覚めるのでしょうか。




さて。

この子をお迎えした翌日、たまたまお人形仲間……イヤ、先輩と会う機会がありました。
お人形をお迎えしたことを話すと、
「明日京都でドルパなんだけど、よかったら一緒にどう?」
とのありがたいお誘いを受けたので、行くことにしました。


ドルパ=ドールパーティーとは、同人誌の即売会のような感じで、お人形の衣装が一般のアマチュアディーラーから直接購入できる祭りのようなものです。


今回買った衣装は2着。
黒と水色。


まず黒を着せてみました。


f:id:oolongchai1211:20150812212616j:plain


かわいいですね。
心なしか、先だってのレトロドレスより少しだけ大人っぽい表情になったように見えます。


お約束でウィッグ交換。


f:id:oolongchai1211:20150812212631j:plain


なんかまた顔が違う!
ちょっとメーテルを思い出す雰囲気です。


どういうわけか黒髪だとアンニュイな表情に見えます。



次。
水色のドレスです。こちらは黒いウィッグでは試しておりません。
わたしの中で、この衣装には金髪!できればロングのウエーブ!!という固定観念がありまして……
でもロングウエーブのウィッグ持ってないから、とりあえずサイボーグで妥協。

f:id:oolongchai1211:20150812212725j:plain

f:id:oolongchai1211:20150812212734j:plain


↑これは帽子をかぶせる前。

やっぱり似合いますね金髪!
帽子をかぶせたらこんな感じでした。


f:id:oolongchai1211:20150812212801j:plain


また顔違いますよね?

ウィッグと服と帽子を変えたら、全部違いますよね……。
メイクは変えてません。お人形のメイクをする技術はわたしにはありませんし。


この世界全くの初心者なのですが、着せ替えでこんなに変化が楽しめるものだとは思ってませんでした。
他のオーナーさんの写真がネットでいろいろ見られるのも楽しいです。すごく参考になるし、和服も似合うなとか、妄想広がります。



書道とかお絵かきとか器楽とか語学学習とか、いろいろ趣味が分散しているわたしですが、実はお人形趣味もあるなどというと、なんか既存の趣味での知り合いに小馬鹿にされそうで、怪しげなタイトルにして煙に巻いてみました。効果はあったかなあ。
ホラーを期待した方には申し訳ありませんでした。


「文化的な趣味」でも「芸術的な趣味」でも「役に立つ趣味」でもないけど、役に立たない趣味・人におおっぴらにいえない趣味こそが、一番趣味性が高くて尊い趣味なのではないか……?
という考えもひそかにもっているわたしなのでした。