茶房日誌

烏龍の日記。

またあれを買いました

実用品なんだから、ひとつ買えば済むはずなのに。
なぜか、色違いとか、微妙に違うのをもうひとつ欲しくなってしまって、気がついたら3つめを物色している……というようなことがよくありますね。


「用途別に使い分けるから」とか自分に言い訳したりしてるけど、用途なんか買った後で考えてるんだから意味がない。
「なくした時用の予備に」っていうのも説得力全然ないし。

こうなってくると、もはや「必要だから買う」という段階を通り越して、単に「欲しいから買う」という、いいのか悪いのかわからない段階に突入しているワケです。


コレクターといえるほど、数多く集めるワケじゃない。ただもっと小規模に、2つ3つ仲間を揃えたくなってしまう……。

この心理って何なんだろうなあ。
こういう心理が家庭内地層や汚部屋を作る原動力になるのだろうなあとわかってはいるのに。

そんなわけで、3本目のスペースペン

2本目についてはここで報告してませんでしたが、ブレット型のクロームのを別売のクリップと一緒に買ってました。
これを買った時は、カバンの小さなポケットに気軽に入れて携帯できるスペースペンがほしい、という目的が一応ありました。
ブレット型を手に入れて大満足。お出かけの時にはいつも、ペンケースを介さず、カバンのポケットにこいつを入れて行くようになりました。

それまではキャップレス万年筆を外出のお供にすることが多かったのですが、いざ書こうとしてノックすると、インクが飛び散ったりボタ落ちするなどの事故が多発するので、ボールペンに変更したのでした。


で、先日購入したばかりのスペースペン3本目はこれです。

f:id:oolongchai1211:20180616174429j:plain
またブレットかYO!!
そうなんですけど、よく見てください。

このモデルは、ブレットタイプ発売70周年記念モデルなのです。
日本限定100本!のうちの1本ですよー!!

f:id:oolongchai1211:20180616174434j:plain
形は2本目のブレットとまったく同じ(クリップは付属しません)ですが、色がブラックチタンだし、70周年の貴重なデザインというわけで、価値ある1本なのです!

何の価値かって?
自分にとって価値があればそれでいいんです!

ブレット型70周年モデルについて

数ヶ月前にインスタグラムで、フィッシャー公式アカウントが、70周年モデルのデザイン候補を2つ投稿して、どちらがよいか投票を募っていました。星のデザインと、太陽のデザインでした。

わたしは星に投票したのですが、発売されたのは太陽だったんですね。
太陽のも素敵です。
f:id:oolongchai1211:20180616174456j:plain

インスタで見た時は買おうとまでは思ってなかったのですが、今月発売の『趣味の文具箱46号』に記事が載っていて、それを見たらついムラムラきてしまった……!

f:id:oolongchai1211:20180616174437j:plain

という、まあ衝動買いですよね……すみません結局のところ衝動買いです!
楽天で探したらあったんですもの!
それで、わたしが注文した直後に売り切れちゃったみたいですホントにすみません!!


こういうものとの出会いってご縁なので、うちに来てくれたのがホントにうれしいです。
失くしたら嫌なので外には持ち出さないと思いますが、大切に使います。