宇宙手帳

文具とか園芸とか。広く日常。

GRD4と散歩してきました

f:id:oolongchai1211:20180526203618j:plain

新しいカメラを手に入れた時、「試し撮りに出かけよう」という気持ちになるカメラと、そういう気分にならないカメラとがあります。
何が違うのか、自分でもよくわからないんですが。
GRD4は、試し撮りに出かけたくなるカメラだったようです。


選んだ行き先は、倉敷。
比較的近くで、行きやすく、写真が撮りやすい場所なので、試し撮りと称して今までも何度か来たことがあります。


美観地区周辺で撮り歩きました。

f:id:oolongchai1211:20180526203715j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526203736j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526203802j:plain

なぜ倉敷が写真を撮りやすいかというと、観光地だからです。
カメラを持った人がたくさんいるから、カメラを構えて写真を撮るという行為があまり周囲から浮かない。

たとえば通勤サラリーマンの群の中で、路傍の花など撮影しようとすると、すごく浮いてしまいます。
その点、観光地では写真を撮るという行動が、抵抗なく行えます。

カメラを持っている人に対する警戒心も、観光地では薄れるようです。
祭りの時にはカメラを持った人に対して心がちょっぴりオープンになるのと似ています。


最近、路上スナップとか肖像権とかについて少し考えて悩んでいたので、悩まずに撮影したかったんですね。


……というのもありますが、わたしはもともと木造家屋がとても好きなので、古い家の写真を撮るのが好きなのでした。

f:id:oolongchai1211:20180526203954j:plain
古い家の日常という感じ。前日は雨が降ったのでした。

f:id:oolongchai1211:20180526204031j:plain
町家の側面の小さな飾り棚がかわいくてツボった。

f:id:oolongchai1211:20180526204112j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526204128j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526204150j:plain


倉敷じゃなくてもどこでも撮れるような写真もいっぱい撮ってました。

f:id:oolongchai1211:20180526203844j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526204206j:plain

f:id:oolongchai1211:20180526203906j:plain
謎の植物とか……。


GRD4というと、カスタマイズいろいろできるし、通好みのカメラだから、細かく設定して自分流に撮るのが流儀なんだろうけど、わたしはモードダイヤルを緑のカメラマークにして撮ることが一番多いです。すみません、つまらない撮り方で。


若干自分流に設定変更している点といえば、画像設定「設定1」でコントラストをだいぶ下げて、彩度をちょこっとだけ上げていることくらい。

それと、露出補正は-0.7が自分内での基準で、あとは状況を見てプラスしたりマイナスにしたりします。


今のところ、いじってるのはその程度です。
星撮影用の仕様をMYセッティングに設定してるけど、まだ使ってません。


今回の倉敷散歩での写真をPCに取り込んでみて、リサイズなどしたのですが、明るさや色合いなどを編集したいと思う画像がほとんどありませんでした。ほぼ撮って出しで満足度高かったです。

それと、電池がなかなか減らないのがすごいと思いました。
予備バッテリーを2つ持って行ってたけど、全然使わなかった。安心して撮れるって素晴らしいことです。


やっぱりGRD4楽しい。持ってて楽しくなるカメラって最高です。
とても楽しい写真散歩でした。