茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

【システムダイアリー】エンディングノート

システムダイアリーからは、エンディングノートのリフィルも発売されています。

エンディングノートとは、自分が死んだ後のために、家族や友人に残す書き置きノート。
法的に効力のある遺書とは違いますが、自分が死んだ後にはこうしてほしいな、と思うモロモロを書いておけるのは、自分も安心できるし、残された人も助かることが多いと思います。


よく、死んだ後のことを話すと、縁起でもないとか、まだ早いだろとか言われるんですが、いずれ必ず死ぬんだから縁起とかいう問題じゃないし、早すぎるってことは絶対にないと思うのです。


わたしより若い知人で、突然死した人がいます。
今のわたしくらいの年齢で、癌で亡くなった知人もいます。
わたしが人生で最初にできた親友など、10歳で事故死しています。


準備のための時間があった人もいれば、なかった人もいます。
まだ生きてるけど、90を過ぎて痴呆症になってしまった人もいます。(その人がまだ70代だった頃に、遺影用の写真を撮ってくれと頼まれて撮影したことがありますので、もしかしたらエンディングノート的なものも何か準備しておられるかもしれませんが)


「その時」がいつ来るかわからないんだから、準備の時間があるうちに、そして頭がハッキリしているうちに、やっておくべきではないかと常々思う次第です。

SDエンディングノートの特徴

エンディングノートは、何社かから出ているようです。綴じノートタイプが多いようです。
でも自分は、「その時はいつ来るかわからない」と言いながらも、「まだ先だろう」と楽観視している部分があるので、たぶん途中で書き替えたいことが多々出てくるんじゃないかと考えています。


そうなると、システム手帳式の方が、差し替えが楽で、使い勝手がよさそうです。

A5サイズのシステムリフィル式エンディングノートというのも、文具店で見たことがあります。
でも、A5だと結構大きいし、バインダーに綴じると更に仰々しくなって、死ぬまでの長い(かどうかわからないけど)間、わたしの狭い部屋の狭い机上でお邪魔な感じになりそうな気もしたので、買うのを躊躇してしまいました。


これに比べると、システムダイアリー社から出ているエンディングノートは、SD手帳サイズ=ハガキサイズで、コンパクトでかわいらしい。
「その時」に備えて、気軽に準備ができそうです。こういうのは気軽に楽しんでやるに限ります。

わたしのエンディングノート

エンディングノート用にバインダーを1冊用意しました。

システムダイアリー社のエンディングノートリフィルは、フワフワした感じの特殊紙なので、1セット綴じるとバインダー1冊がちょうどいっぱいになる感じです。

f:id:oolongchai1211:20170929204901j:plain

一番安いビニール製バインダー(品番B-22)なので、遠慮なくステッカーなど貼っております。

f:id:oolongchai1211:20170929204916j:plain

表紙には、トラベラーズノートのステッカー、"Have a nice trip!"
裏表紙には、ジョジョ一番くじ景品の"Farewell, Polnareff"(さよならポルナレフ)

カジュアルな別れと旅立ちを表現しています。(笑うところです)


表紙を見てクスッと笑ってほしいと願っていますが、このノートがエンディングノートであるということをどこかに書いておかないといけませんよね。
今、表紙の楽しい雰囲気をキープしたまま「実はこれはエンディングノートです」とどう表現するか、考え中です。
桐の箱にでも入れて、蓋に「エンディングノート」と筆で書いて貼っておくかな、とか……。お別れ会BGMのCDも一緒にしておかなければ。

f:id:oolongchai1211:20170929205023j:plain

中身。

個人的に特に書いておきたいのは、

  • 病気の告知や延命治療や尊厳死に関して、どうしてほしいか。
  • 葬儀はどのようにしてほしいか。
  • お墓や散骨についての希望は?

といったあたり。


うちは、家は曹洞宗なのにわたしだけカトリック信者なので、いろいろ思うところがありまして……。
最近になって、似たような境遇の友達のおうちで、大きな問題になっているのを目の当たりにしてしまったので、自分の家族内では平和的にやってほしいなあと心から願っているのです。

f:id:oolongchai1211:20170929205037j:plain

このほか、連絡してほしい人のリストなどもちろん完備。
家族に伝えたいことなど、自由に書けるページもたっぷり用意されています。
もう書き込んじゃってるので、あまり写真でお見せできなくてすみません。


この特殊紙にはどんなペンで書けばいいんだろう、と思ったけど、愛用してるゲルインクボールペンで問題なく書けました。ユポ紙ではないので、インクも割と普通に乾きます。
油性ボールペンでも問題なさそうです。


いまさらですけど、こういうものを書き遺す人というのは、社会的に責任ある立場の人とか、遺して去らなければならない家族がいる人とかがメインなんでしょうね。商品にはそう書いてありますし。
わたしはどっちでもないので、不動産とか遺産とかあんまり関係ない気もしますね……。
そういう使わないページは外してもいいと思うけど、今後書く必要ができるかもしれないから、わたしは一応綴じてます。


財産らしきものをロクに持ってない凡人でもやっぱり、突然死んだ後に何か本人による書き置きがあるのとないのとでは、残された方としては安心感が全然違うだろうと思います。
みんな死ぬ前に言いたいことはあるでしょう?


葬儀とかお別れ会みたいなのをするんだったら、BGMにジョジョ2部とキャプテンフューチャーのOP主題歌だけは是非とも流してほしい……とか、カトリックで葬儀してほしいとか(誰がするのかわからないけど)、わたしのコレクション品は棺に入れたりしないでみんなで分けてくれとか、とりあえず意思だけは表示しておきたいものです。