茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

【初】イタリアの万年筆

f:id:oolongchai1211:20170702161239j:plain
今まで、正直、イタリアの万年筆に惹かれたことがなかったんですけど、これはきれいだなと思った。

AURORA OPTIMA GREEN
という万年筆です。

軸の色とトリムの金属部分の色の組み合わせは結構気になるのですが、赤やグリーンの軸には金が合うような気がします。(個人の感想です)
自分は赤が好きなんだと思ってたのに、気が付くと赤でない万年筆を選ぶことの方が多くなってきています。オプティマにも赤やボルドーがあるのに、このグリーンがすごく気に入ってしまったのでした。


で、安く通販しているところで買おうかなと考えてたのですが、某巨大掲示板などで噂を聞くと、ペン先の取り付けが中心からズレている個体が多く、通販でハズレが多いとのことで、調整して通販しているショップに目星をつけておりました。

が、たまに掘り出し物を探しに行く「川口明弘の調整万年筆」さんを見てみたら、たまたまちょうどこの色だけ在庫があったので、即決してしまいました。なので中古です。新品同様とのことでしたが。
新品にも初期不良が多いようなので、それなら多少の中古でも、川口先生の調整済みの方が安心できそう、という判断でした。


当初、ニブはBがいいと思っていたのですが、そこにあったのはEFのみ……。
一瞬迷いましたが、実用を考えると細い方がいいだろうと考え直したのでした。

f:id:oolongchai1211:20170702151514j:plain
箱が大袈裟でちょっと笑える。また箱が捨てられなくて困るんだよな。

f:id:oolongchai1211:20170702162330j:plain

f:id:oolongchai1211:20170702162431j:plain

申し訳ないけど、サイトに掲載されていた商品写真より、現物の方が数段きれいでした……。
あ、いえ、わたしが撮ったこれらの写真も、現物の美しさには遠く及ばないのですよ。


少し字を書いてみました。

アウロラの万年筆は、シャリシャリする感触があるという評判でしたが、まあそういわれてみれば確かにそんな感じもするかなーという程度。
別に引っかかりそうとかそういうことはありません。
川口先生の調整済みのおかげで、インクフローもいいし、最初からストレスなく書けました。

EFといいつつ、中屋の細字よりこころもち太目かも。
でもペリカンのM302のEFよりは細い。
国産の細字~中細くらいの感覚で使えそうです。これは活躍の場がたくさんありそう。

f:id:oolongchai1211:20170702163013j:plain

丸善アウロラのインクあったんですが、小さい瓶なのに2000円だそうで、ちょっと引いてしまった。
家にあったペリカンのロイヤルブルーを入れてます。


こんな美しい万年筆は初めてです。
もう今夜は一緒に寝たいくらいです。