読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

ブランドものっぽいミニ6手帳

f:id:oolongchai1211:20170201210208j:plain

Il Bisonteという革製品ブランドが出している、ミニ6穴のシステム手帳を買いました。
楽天でほしいものリストに入れて、迷いながら眺めているうちに売り切れてしまったので、大阪のイルビゾンテの店頭で買いました。


ラインナップは数色あったのですが、お店の方でもオレンジや焼きヌメあたりは完売してました。
ヌメならまだ在庫あるかも、と店員さんが言ってたのですが、あえて赤にしました。


お店で見た時は、照明のせいか朱色っぽく見えたのですが、自然光で見るとより深く、ポンペイの赤を思わせる美しい色です。自分的には大正解。
内側には革や布は張られてません。背だけ二重革になっているのと、ポケットがついてるだけです。そこがまあワイルドというかシンプルというかイタリアっぽいというか。

f:id:oolongchai1211:20170201210231j:plain

気に入った点は、

  1. 革が柔らかくて、机の上で開いたままにしておけること。
  2. ペンホルダー(ペンループ)が目立たないこと。


近年、システム手帳を実際にいくつか使ってみて、自分が拘るポイントがジョジョに明らかになってきました。

「開きのよさ」は必須だけど、完全にフラットにならなくても、机の上で開いて置いておけるなら全然オッケーだな、とか。
ベルトなしのシンプルなタイプの方が好きだと自分では思ってたけど、ベルトがあった方が、手に取った時に上下表裏がわかりやすくて使いやすい、とか。(ベルトはあんまり閉めません)
システム手帳ってリフィル紙に比較して表紙が大きすぎだと思ってたけど、あまりジャストリフィルな感じより、少し余裕があるサイズの方がシステム手帳らしくて好きかもしれない、とか。

授業料をたくさん払ったおかげで、自分の本当の好みをたくさん発見できました!ありがたいですね!


この赤いイルビゾンテの手帳は、とても好みに合っています。
テンション上がる赤い色ももちろん、180度以上クタッと開く柔らかい革も、控えめなペンホルダー(ただのポケット)も、コバにお菓子のアイシングみたいなのがコッテリ塗ってなくて、きれいに磨いてあるところも、全部好きです。
(イタリア製というところにそそられたという点も否定しません。気が付けばイタリア製手帳がいっぱい……フフ……)

f:id:oolongchai1211:20170201210250j:plain
作りが柔らかくて遊びがあるので、能率手帳小型を挟み込むことができます。

ちょっぴり注意点1

最近気づいたんですが、このイルビゾンテ純正ダイアリーリフィル、日本製のミニ6穴用(わたしが使用したのはLIFEのノーブルリフィル)より、幅が3ミリほど小さいのです。

なので、イルビゾンテリフィルの間に日本製リフィルを挟むと、日本製のところだけ横が3ミリはみ出ます。そこを開きたい時にはとても便利ですが、気になる人は気になるかもしれません。
そういえば、日本製でも、ダヴィンチのミニ6穴用リフィルは他社製より幅狭いんでしたっけ……一口にミニ6穴といっても、規格って結構微妙なんでしょうか。

ちょっぴり注意点2

ベルトのボタンのロゴマーク刻印の向きが変。逆向きじゃないですかー。

f:id:oolongchai1211:20170201210704j:plain

これはお店で見せてもらった時にすぐ気付いて言ったんだけど、店員さんは動じる様子もなく「あ、それ、ランダムなんですよ」とのことでした。
イタリア人は細かいことを気にしない。

ミニ6の可能性

ミニ6穴手帳は、現在わたしはあまりメインで使ってません。
10年くらい前はミニ6にこまごまと日記を書いていましたが、今は「日記はチマチマした字で書いてもあまりスッキリしない」という気がしているので、使わなくなってしまったんですね。

しかし、ちょうどイタリア語検定試験の勉強を始めたところでもあるので、イルビゾンテさんは語学学習に活用することにしました。
ズバリ、手帳術の雑誌で見た「一日ひとつ英語の例文を手帳に書く」というアイデアのパクリです。

f:id:oolongchai1211:20170201210720j:plain

一度他の手帳でチャレンジしたのですが、例文が他の記述の邪魔になったりして、うまくいきませんでした。
なので、いっそイルビゾンテ手帳を例文専用の手帳にしてやろう!というわけです。ちょうどイタリア製だし(あまり関係ない)。


ミニ6なら、気軽に持ち運べるので、いつもカバンに入れて、電車の中とかで見ています。

付属していた2017年版ダイアリーリフィルがヨーロッパっぽくてかわいいのです。これは使ってやらねばと思っちゃいますよね。
月と曜日の表記は、イタリア語-英語-フランス語(?)-ドイツ語(?)……かな。あとの2つは推測です。
なぜか例文を書いてるだけで楽しい気分になってくるデザインです。このリフィルは来年度版も買いたいと思ってます。


当初「ミニ6サイズはあんまり使わないんだけどなー」と言っていた割にはよく使っている赤イルビゾンテさん。
バインダーもリフィル用紙も、とても気に入っています。