茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

ルフトを買いました。

f:id:oolongchai1211:20161123101306j:plain

ノックスブレインのルフトというシステム手帳を入手しました。
商品の詳細は公式サイト↓をご参照いただくとして。

www.knox-japan.jp


ルフトが発売された当初は、あまり興味がありませんでした。
一枚革に金具がついただけという思い切った仕様……シンプルなのはいいんだけど、背の金具があまり好きじゃなかった。

それで敬遠してたんですけど、いくつかのバインダーを使ってみて、自分が求める基準が、「180度以上開く」「ペンホルダーは可動式または外向きについているまたは無し」「ベルトはない方が好み」というあたりに落ち着いてきたのでした。
そうなると、おもむろにルフトが浮上してくるわけです。

f:id:oolongchai1211:20161123101852j:plain

開きはこの通り。
開いた状態で机に置けるというのはわたしにとってストレスフリーなのです。
邪魔なペンホルダーもついてない。
ペンホルダーって、内向きについてると、リフィルの紙にぶつかって、リフィルがグシャァってなったりしませんか?

f:id:oolongchai1211:20161123102031j:plain

革の仕上げは、「スムース」「ナチュラルシボ型押し」「シュリンク型押し」の3種類があります。
触り心地はスムースが好きなんですけど、やっぱり金具の金色があまり好きじゃなくて、金具は絶対黒がいい!というわけで、結局金具基準でナチュラルシボを選ぶことになりました。
↑の写真でシボな感じをご覧ください。


色は、何かというと赤ばっかり選んでしまう傾向がある自分は、赤以外の色にしたかったのですが、茶色い革製品も手元にたくさんあるし、黒はビジネスマーンって感じで合わないし、青系は使いこなせそうにないし……ということで結局赤になりました。
ナチュラルシボ型押しの赤は、スムースの赤より黄色みが少なく、深い赤で、気に入っています。こういう赤が好きなのです。

f:id:oolongchai1211:20161123102348j:plain

問題の金具。
ものすごく控えめにknoxbrainの刻印があっておしゃれです。
(この写真ではなぜか革の表面に銀色みたいな粉がついてるように写ってしまいましたが、光線の加減だと思います。実物は全然こんなものはついてなく、きれいな革です)

f:id:oolongchai1211:20161123102559j:plain

ノックスブレインおなじみのバクのかわいい刻印は、残念ながらルフトにはありません。
表3にロゴ印刷があるだけ。使ってるうちに剥げてきそう。
Made in Japanですね。
表2表3の仕上げはマットな感じで、ワインレッドみたいな、落ち着きのある素敵な赤です。使うのが楽しくなりそうな色です。


ルフトは、外出にも積極的に持ち出したいと考えています。
ゴムつきリフターを買おうかとか、いろいろと妄想が広がって困ってます。楽しいです。
買ってよかった。2冊3冊使い分けるのも面白そうです。