茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

毒日記・闇日記

毒日記とか闇日記とか裏日記とかいろんな名前で呼んでいますが、同一のノートです。

要するに、普段のちょっとしたイラつき、愚痴、モヤリ、気に入らないこと、納得いかないことなどを書く暗黒空間のようなノートです。



日常のちょっとしたモヤモヤは、SNSなどでつい気軽に言ってしまいたくなります。誰かに同意してほしい気持ちもあり。
でも、フォロワーさんたちはそんなの読んだって決していい気分にはならないだろうし、誰かに聞いてもらうことで自分がちょっとスッキリするだけ。排泄みたいなものです。

スッキリしたいなら、誰にも見せない闇ノートに書いても同じようにスッキリできるし、これなら誰かが目にして不快になることもありません。
未来の自分がうっかり目にして不快な気持ちがよみがえるかもしれませんが、SNSで他人を不快にするよりはマシ。


「モヤモヤはSNSなどネットに書かず、ノートに書く。それが新しい発想につながる」というのは、ある手帳術特集の雑誌でみうらじゅんさんが言われた言葉です。それは確かにそうだな!と思ったので、これを「みうらルール」と呼んで遵守することに決めました。
そしてこのルールを守るため、専用ノートを用意することにしました。


こうして生まれた闇ノート。

当初は、大胆にもモレスキンのラージサイズ(横罫)に毒を吐いていました。
でもこれだと、ちょっとした毒を書いたくらいでは1ページが使い切れません。「こんなに長文で毒を吐きたいワケじゃあなかったんだけど……」とやや疲労しながら、1ページが埋まるまで適当に書いたりしてました。ページの途中で日付が変わるのが嫌だったので(貧乏性)。
モレスキンは何でも聞いてくれそうで書いてて頼りがいはあるのですが、「こんな立派なノートにこんなしょうもないひとりごとを書くのもなんだか申し訳ないな」という気持ちになるのも問題でした。



そこで、先日採用した新ノートとは。

f:id:oolongchai1211:20160926224325j:plain

ズバリ、システム手帳です。サイズはモレスキンラージより小さいものにしよう、と考えました。適切なサイズって大事です。
システム手帳なら、しょーもない毒文を立派な革のバインダーに挟んで、「言いたいことを全部言ってやったぞ!」という満足感を味わいつつ、時間が経ってどうでもよくなる頃には保存用のプラスチックのバインダーに移し替えて、新たに補充したリフィルに新しい毒をどんどん吐いていけばよいのです。


更にわたしの場合は、「勢いで買ったフランクリン・プランナーのポケットサイズの素敵なバインダーがあるけど、フランクリンやめてしまったので全然使えない」という事情がありまして。
フランクリンのポケットサイズというのは、ミニ6穴より少し大きい手頃なサイズなのですが、一般的なシステム手帳のサイズ・穴間隔と互換性がないので、フランクリンプランナーをやめてしまうと、バインダーの使い道が非常に狭まってしまうのです。まあ横罫リフィルもありますが。


そこで、先日意を決して6穴パンチを買いました。
ありがたいことに、これにはフランクリンのポケットサイズ用の穴位置も設定されているのです。
ポケットサイズに一番近いサイズは、A6(文庫本サイズ)。縦はほぼ同じです。

f:id:oolongchai1211:20160926224347j:plain

というわけで、古いほぼ日手帳の空きページをザクザク切り取って、穴をあけて、ポケットサイズのバインダーに綴じることにしました。



さあ、これで準備完了!これに日々のモヤリを書いてみよう!


ということで2週間ほど使ってみた感想。

きちんと印刷された手帳を変な位置で断裁しているせいで、なんか中途半端な、チラシの裏っぽい雰囲気が充満しています。
実際、書いてる内容はチラ裏なので、雰囲気ピッタリです。


ほぼ日手帳というもともと書く場所が狭い手帳を、さらに小さく切った上、穴をあけてるのでますます狭いわけですが、この書ける量の少なさが意外とよい。
事態の内容にもよりますが、日常のちょっとした愚痴なら、だいたいこのサイズの紙の1ページか2ページも書けば気が済みます。
ひとしきり書いてすぐに改ページできるテンポのよさ。ページを変えたら話題も変えようかなって感じで気分転換もしやすい。

トモエリバー紙の薄さもよい。ペラッペラの紙に書くことで、書いた後「まあ所詮わたしのモヤリなんかこの程度の薄さ軽さだよな」という気分にもなれる。


……というわけで、モレスキンを使っていた頃より、このチラ裏みたいな手帳に替えてから、書く頻度が上がりました。
何も愚痴や毒だけでなく、人に言うほどではないちょっとした思いつきなんかも書いたりしてます。モレより気軽に向かい合えるところがいいです。
モレも好きなんですけど、闇日記として使用したのは間違いだったと思います……。


モレ闇日記もなんだかんだで1年くらい使いました。たぶん次世代のフランクリンポケット+手作りリフィル闇日記も1年くらいは続くでしょう。
リフィルに使う紙は、もっといいのが見つかれば替えるかもしれません。システム手帳は変更や改良がしやすいので、飽きやすいわたしも長く付き合えそうです。


本当は……本当は、システム手帳はもっとビジネスライクに使いたい、という願望もあります。
会議の予定とか訊かれて、分厚いシステム手帳を開くような人生を送りたい……。
残念ながら、そういう人生を送ってきませんでした。


そんなわたしですが、他にもバイブルサイズをスローに運用中で、語学やアドレス帳に使っているし、絵や字の練習にはA5システム手帳も使用中です。綴じてあるものに書(描)くより、一枚ものに書いてから綴じる方が使いやすいです。

来年からは、現行の当用日記を廃止して、システム手帳の週間リフィルあたりに一言記録とメシログをつけようかなと考え中です。やっぱり立派な綴じ手帳や日記帳はわたしには恐れ多い。(といいつつ能率手帳ゴールドだけは来年用も買ってしまった)
どうせ年末頃までに考えが二転三転すると思いますが、変更するにしても、システム手帳をもっと活用できるようになるといいなと思っています。

広告を非表示にする