茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

黒い三日月

折りたたみ自転車を買ったよー♪という自慢といきさつ。

自転車選び第1歩・タダでもらう案

ある日わたしは、某クレジットカードのポイントが相当貯まっていて、折りたたみ自転車と交換できることに気が付いた。
自転車ならすでに持ってるけど、今のはシボなんとかいう有名クルマメーカーの名前が付いた、その割に2万円くらいだったクロスバイク「のような」形の自転車。あまり遠くまで行く気にならない感じの重苦しいヤツ。
折りたたみなら部屋で保管できるし、2台目としていいかもしれない。ほしい!


ワクワクしながら、ネットの情報も集めながら、どれをもらうか悩み始めました。
が。


ポイント交換で自転車をもらうことは、やめにしました。
理由は、わたしの所有ポイント数でもらえる自転車はどれも変速がついてないから。小径車は、タイや径が小さい分、ギヤ変換ができないととても走りにくいらしい。
大型スーパーや量販店にある1万2万の粗悪自転車は買いたくないんだけど、この程度のポイント数で交換できる自転車も、量販店の2万円のと同じくらいのレベルなのかもしれない。そんならタダでも要らない。タダといっても、何年も大切に貯めたポイントなんだし。



自転車選び第2歩・頭文字D

というわけで、次に注目したのは、Amazonで3万円弱程度から買える、お手頃な折りたたみ自転車。頭文字はD。
デザインもカッコイイし、ネットでオススメしてる人も多い。


しかし、注文する勇気が出ない。
Amazon頭文字Dに高評価をつけてる人のレビューを読むと、皆さん自分で組み立てたり調整したりできる人みたい。だけど、わたしはたぶんそういうのできない。
買っても自分に合うように調整できなかったら、乗ってもあんまり楽しくなくないか?
ネットで買った頭文字Dを自転車屋に持ち込んで調整を頼んだら、却って高くつかないか?という以前に、断られそうで持ち込む勇気がない。


調整など承ってそうな自転車専門店に行ってみたけど、そこには頭文字Dどころか、3万円で買えるような折りたたみ自転車などそもそも売ってない。



安物買いの銭失いみたいな経験は多々あります。
小さいものならそれでもいいけど、自転車くらいになると失敗の授業料が高い。それに、失敗した買い物がゴミになるにしても、ものが自転車となるとただのゴミじゃなくて粗大ゴミです。
今回に限っては、妥協すべきじゃないのではないか。という気持ちになってきた。



自転車選び第3歩・黒い三日月

悩んだ結果、「お金がかかっても、通販ではなくちゃんとした自転車屋さんでちゃんとした自転車を買おう」ということに決めました。


意を決して、折りたたみ・小径車専門店に行って、折りたたみ車が欲しいというと、お店の人は丁寧に説明してくれました。
折りたたみ自転車にも、更には同じメーカーのものの中でも、シティサイクル(所謂ママチャリ)とスポーツ車があること。乗ってるうちに楽しくなって、更に快適に乗ろうとカスタマイズしたくなった時に、シティサイクルだと結局総入れ替えになってしまうこと。
また、極端に径の小さいモデルは、実用というよりマニアが3台目として車のトランクに常備する用だとか……。


といった基礎から教えてもらって、予算とも相談して、あとわたしの場合は身長とも相談した結果、小径車としてポピュラーな20インチではなく、ちょっと小さめの16インチの自転車を買うことにしました。
DAHON Curve D7 2015年バージョン。
色は、ポリッシュ(塗装しないで磨き上げたシルバー色)・マットブラック・ファイアーレッドの3色があったのですが、なぜかマットブラックが一番かわいく思えたのでそれにしました。めっちゃ黒いんですけど。
名前の通りフレームがカーブしていて、三日月みたいです。

f:id:oolongchai1211:20150315150615j:plain

何よりうれしかったのは、安全のため、そのお店では購入時に15000円相当の整備を無料でしてくれること、当店で購入した自転車については、基本的なメンテナンスを永久無料でやってくれる、という話。
ちゃんとした自転車屋さんで買うことにして本当によかったー!
結果的に、自転車を徹底的にメンテナンスするようになって、自転車への愛も深まりそうです。
「自転車を買う時は、自転車本体よりお店のアフターサービスの方が重要」と言う人がいるのもうなずけます。



余談・買い増しではなく買い替えに

Curve D7を注文して納車を待っている間、疋田智さんの『ものぐさ自転車の悦楽 折りたたみ自転車で始める新しき日々』という本を読みました。


その本の感想はまた気が向いたら書くとして、その本の中に、シボなんとかいうクロスバイク風自転車のことが出てきたのでハッとしました。
引用でなく要約すると、「『ジーなんとか』とか『シボなんとか』みたいなクルマの名前がついた激安クロスバイクには注意。形はクロスバイク風だけど実態は重たいママチャリなので楽しくないですよ」という趣旨のことが書いてありました。買うなとは書いてないけど、まあ行間に「買うな」って書いてあるのが透けて見えてきますよね。
わー。わたしの自転車のことだ!数年前の安物買いの失敗が新たに発覚ーwww
というか、買って早々にこれは失敗だったかなーと思ってた。それでも数年乗ってたけど。


近所の自転車屋さんで不要自転車を無料で引き取ってくれるそうなので、近々シボなんとかとはお別れしようと思います。

広告を非表示にする