茶房日誌

烏龍の日記。Instagram ID: @oolongchai

旅する(予定の)ノート

f:id:oolongchai1211:20140820203236j:plain

右はいつも使っている手帳。トラベラーズノート
左は、旅行用にするつもりのノート。ローマ専用。
モレスキンショップのサイトで70%OFFだったので買ってみました。
定価(3000円くらい)ならたぶん買わなかったでしょう。


2008年くらいに発売になって今はもう廃番らしいです。
仕様を見るとどちらかというと長期滞在者向けなのかな?と思わないこともないのですが、こういう旅心をそそられるようなアイテムはつい買ってしまいますよね。

f:id:oolongchai1211:20140820203136j:plain

ネットで評判を見てみると、「地図が使いにくい」という声があったりして、ちょっとクセモノのようです。
なるほど確かにこの地図は、歩いて移動するにはいい感じの範囲かもしれないけど、観光用としてはもう少し広域の地図の方が位置関係が把握しやすいんじゃないかなーと思います。

この地図は、実用のためというよりも、行ったお店とかに印をつけておくのに向いているかもしれません。
超有名な観光スポットの名前も、控えめな細い文字で書かれているので、目的地を探すには視認性がイマイチだけど、「ここに行った!」と書き込むにはよさそう。

目的地を探すためには、サブ地図を持って行くなり、iPhoneでGoogleMapを使うなりすることで解決できると思います。


紙の地図のいいところは、地図上に書き込みできること。
このシティノートブックには、ページに貼るのにちょうどいい大きさのトレーシングペーパー付箋が12枚ついています。これを地図の上に貼って、上から自由に書き込むことができます。
もちろん地図に直接書き込んでもいいのでしょうが、ルートを検討するなど訂正が入りそうな場合はこれを使うと便利です。
ただしこのトレーシングペーパーものすごくツルツルなので、油性マジックか鉛筆以外の筆記具では書けないと思います。


無地のノートのページがたくさんあります。
ここには、旅の記録を書いたり貼ったりするのももちろんいいのですが、わたしの場合は、使う可能性の高そうなイタリア語のフレーズをいくつか書いておいてます。
「トイレどこですか」とか「わたしは会社員です」とかそんなん。
書き込んでいるうちに暗記してしまったものもありますが、言いたいことはだいたいここに書いてあると思えば、いざという時安心できそう。

もちろん、事前準備に使うだけでなく、旅行中の記録もこのノートにしていくと思います。
短期滞在では使いきれないくらい白紙ページがあるので、遠慮なく使えそうです。


後半は、お店や出会った人などの情報を書き込むようになっています。
店はたぶん行き当たりばったりで入るので、事前に調べるよりは、行ったところをメモしておく方が多くなりそう。
でも美術館や教会など、どうしても行きたいところについては、あらかじめ行き方や入場料金など調べて書いておきたい。


出発まであと3か月。
ノート作りを楽しんでいます。